昨年、調査分析、音収録させていただいた

首里城正殿鐘(沖縄津梁の鐘)は博物館内部に展示され、

同じく収蔵品の中から大聖禅寺鐘という鐘を同館エントランス

に新たに経てた沖縄様式の鐘楼に吊るし撞けるようにするという

プロジェクトに参加しました。

棕櫚の撞木を古来方法のロープで下げて撞けるようにしました。

強度のある鎖で下げるより風情が違います。